メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形のうまいもの:インデックス > 野菜:にら

野菜|季ごと、旬ごとに土の温もりをのせて。

収穫時期:5月〜9月

にら|全国屈指の生産量、最上の「にら」パワー。

にら|健康ブームに乗って、導入後に急成長

健康ブームに乗って、導入後に急成長

 にらはユリ科の多年草で、ラッキョウやタマネギと同じアリウム属。日本では古事記に記述があり、かなり古くに伝来したらしい。
 山形県では、昭和55年頃から内陸の最上地方を中心に栽培スタート。以降ぐんぐん栽培面積・生産量を伸ばし、平成4年には露地物で全国シェアのトップに躍り出た。
 主要栽培品種は、葉が厚く、葉幅の広い「パワフルグリーンベルト」。収穫期は5月中旬〜10月で、年5〜6回の収穫も可能だが、山形県では品質を重視し3回に制限している。雨を嫌い適度な乾燥を好むことから、排水に気を遣うだけでなく、専用の乾燥機も導入して手をかける。「必要なことをしておけば、あとは放っておいても伸びる」と生産者。収穫して寝せておくと、上に伸びようとして起きあがってくるため、出荷箱は『立て詰め』が原則だ。

滋養たっぷり、『達者de菜』のブランド名で

 最上地域は雪が深く、「雪をくぐって春先に出るにらは最高。柔らかく、滋味も一番のっています」とのこと。こうして育った当地のにらは、『達者de菜』のブランド名で市場をにぎわしている。
 中国では古来、にらは長命のシンボルだ。実際に栄養価は高く、カロチン、ビタミンB2、ビタミンC、食物繊維が豊富。特有の刺激臭は硫化アリルという成分で、整腸作用や感冒予防にいいという。

★主な産地★

新庄市・金山町・真室川町・舟形町・大蔵村・ほか

★主な品種と収穫時期★

にら収穫時期

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ