メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形のうまいもの:インデックス > 花き:ストック

花き|暮らしを彩る可憐な畑の芸術たち。

収穫時期:10月〜1月

東京の市場でも注目される、山形の「ストック」。

ストック

昭和の「庄内ピンク」で確固たる地位を確立

 淡い色合いの花をつけるストックは、いかにも早春のイメージだ。しかし品種改良が進み、山形県では10月からの秋冬出し生産が盛んに行われている。
 庄内地方では昭和40年代末からストック栽培を開始。同53年には、当時まだ市場性の低かった新品種「初桜」をいち早く取り入れ、「庄内ピンク」という愛称で売り込んだ。すると仙台、東京、札幌の各市場で相次いで反響を呼び、増産に次ぐ増産となった。
 以来、庄内地方では、秋の冷え込みが早く、乾燥した土地柄という栽培条件を生かし、茎や葉が固く締まった日持ちの良いストックを生産。秋出しのものは、東京・大田市場を始め多くの市場で一番セリで売られている。最近では品種や花色も増え、4〜6本に枝分かれするスプレーストックの生産も増加している。

さわやかな香りはアロマテラピー効果も

 近年は、茎が細めで花穂(花が付いている部分)の小さいストックが人気だ。「庄内の規格は花穂が13〜18cmで、花の数は8輪前後。気温を考慮しながら調整します」と生産者。気温が高い時期に花穂が長いと、下の花から枯れてしまうのだ。「首がしっかりしていて、花が密についているものが、良質のストックです」とのこと。
 ストックには、さわやかで比較的強い香りがあり、アロマテラピーとしての鎮静効果にも期待したい。

★主な産地★

酒田市・鶴岡市・庄内町・河北町・山形市 ・ほか

★花言葉★

ピンク…ふくよかな愛情
白…愛の結晶

★収穫時期★

10月〜1月

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ