メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形のうまいもの:インデックス花き > ダリア

花き|暮らしを彩る可憐な畑の芸術たち。

収穫時期:5月〜12月

電照で絶妙な美しさを創り上げる「きく」。

ダリア

“日本一ダリア園”の地元として、
ダリア生産をリード

 かつては園芸品種だったダリアだが、近年は切り花として出回り、その華麗な美しさが脚光を浴びている。この人気の火付け役が、実はわが山形県なのである。
 平成13年、たまたま東京・大田市場の花卉担当者が川西町を訪れた際、ダリア園や庭先に咲くダリアを見て、「この花を市場で売ってみたい」と話した。地元ではこれに応え、初めて切り花のダリアを出荷。以来、置賜地方では、転作田への作付けなど本格的な産地化を進め、日本のダリア生産をリードしてきた。
 かねてから“日本一のダリア園(やまがた川西ダリヤ園)”を誇る土地だけに、球根の調達や栽培のノウハウは万全だ。現在はほとんどが露地栽培で、5月中旬〜6月下旬に球根を植え付け、8月中旬〜11月中旬に出荷。一部で作期をずらしたハウス栽培も進められている。

水あげが難しいため、出荷は花を咲かせてから

 転作田は排水に気遣い、定植して発芽後の摘心・摘蕾、水分管理なども徹底。こうして曲がりのない「まっすぐ」な、出荷規格花長50cmの切り花を作り上げる。普通の花は蕾の状態で収穫し、咲く前に出荷するが、水あげが難しいダリアは、素人が蕾から咲かせるのは困難だ。そのためダリアに限っては、花が開いてから出荷するという。そして出荷時も、水分を切らさぬよう湿式輸送としている。
 山形生まれのダリアは、その美しさで関東や関西のブライダルシーンやパーティー会場を美しく彩っている。

★主な産地★

川西町・酒田市

★花言葉★

移り気、華麗、優雅、威厳、不安定

★収穫時期★

5月〜12月

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ