メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形のうまいもの:インデックス > 花き:ばら

花き|暮らしを彩る可憐な畑の芸術たち。

収穫時期:周年

山形の花の女王「ばら」は、夏に咲き誇る。

ばら

本来の旬は春。
山形の風土が夏ばらをバックアップ

 花の女王といわれるばらは、山形県内の切り花生産額で長年トップの地位にあり、山形の花の女王でもある。ばらの本来の旬は春だが暑さに弱いため、夏には出荷量が下がる。しかし夏も夜温が下がる山形県は、高品質な夏ばらを出荷することで、市場の信頼を得ているのだ。
 周年生産しているばら園を訪ねた。さぞ華やかだろうと期待したハウスの中は、花の蕾ばかりで、思いのほか地味な印象。「ばらは蕾のうちに収穫します。ここで咲いてしまったら商品になりません」なるほど。生産者の言葉に納得できた。

トゲによるケガも手間暇も、女王に捧げるため

 近年、県内ではロックウールによるばら栽培が主流で、面積は全体の約70%。ロックウールを用いた養液栽培は、液肥と水やり、温度管理がポイントだ。夏の日中は風を通して調整し、冬は加温して16度以上を保つ。定植後2〜3ヶ月間は、伸びる枝を下向きに折りまげ、その後に枝から伸びる芽を栽培する。芽かきなどの作業は毎日欠かせない。1つの株から年間6回ほど収穫するという。
 「葉のつき方、茎の太さと固さ、蕾の色・形と、全部が合致して初めていいものといえます」と生産者。「トゲの怪我は勲章」と言われるそうで、花の女王ばらならではの、厳しくも美しい世界だ。
 時代を超えて一番人気なのが真紅のばら。新品種は毎年何百種と登場し、近年はスプレー咲きの需要も増えている。

★主な産地★

寒河江市・鮭川村・米沢市・山形市・ほか

★花言葉★

赤…愛・熱烈な恋
白花…純潔 黄…嫉妬
ピンク…満足

★収穫時期★

周年

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ