メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形のうまいもの:インデックス > 山形の味・郷土の味:漬物

山形の味・郷土の味|伝統の風土が生きる古里の味自慢。

山形の味・郷土の味|伝統の風土が生きる古里の味自慢。

山形県は漬物どころ。彩りも豊かに勢ぞろい。 おばあちゃんの味、おふくろの味、古里の味…。

青菜漬:炊きたてのご飯と一緒に

青菜漬

炊きたてのご飯と一緒に

肉厚の葉のシャキシャキした歯触りと爽やかな辛味で、ご飯との相性は最高! 最初、塩に漬けてから一度ていねいに洗い、次に特性のタレ(醤油・鰹・昆布など)に漬け込むという独特の製法。

赤かぶ漬:パリパリした食感と美しい色

赤かぶ漬

パリパリした食感と美しい色

赤かぶは急斜面で、焼畑による昔ながらの農法で作られている。皮は赤紫だが、中は白くて緻密な肉質。一度塩漬けにしてから甘酢に漬け込むことで、鮮やかなピンク色に変わる。

わらびの一本漬:太いわらびを一本丸ごと!

わらびの一本漬

太いわらびを一本丸ごと!

一本30〜40cmはあろうかと思われる、見事なわらびを丸ごと醤油漬にした珍しい一品。味付けも上品で、シャキシャキした歯ざわりがいい。小さくカットすれば、混ぜご飯の具としても使える。

丸なす漬:コリッ!とした歯触りの一夜漬

丸なす漬

コリッ!とした歯触りの一夜漬

コロンと丸くてかわいい丸なす。山形県では庄内地方の「民田なす」、置賜地方の「窪田なす」が有名で、古くから人々に愛されてきた。さっぱりとした一夜漬けは夏には欠かせない。

雪菜のふすべ漬:米沢地方の珍しい在来野菜

雪菜のふすべ漬

米沢地方の珍しい在来野菜

アブラナ科の野菜。収穫後、雪の中に置いて新たに20cmほどの白い花茎を湯通しして浅漬けにする、という手間をかける。米沢地方の伝統的な漬物であり、冬が旬。爽やかな辛味が特徴だ。

みょうが甘酢漬:美しい色、サクサクの食感

みょうが甘酢漬

美しい色、サクサクの食感

みょうがの香りと歯ざわりを、丸ごと浅漬けにしたユニークな一品。食感を楽しみながらそのまま召し上がれるほか、刻んでサラダに入れたり、麺類の薬味などにも使える。色鮮やかな紅花入り。

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ