メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形のうまいもの:インデックス > 山形の味・郷土の味:芋煮鍋

山形の味・郷土の味|伝統の風土が生きる古里の味自慢。

山形の味・郷土の味|伝統の風土が生きる古里の味自慢。

ルーツをたどれば元禄時代。山形県が発祥の芋煮の鍋は、スタイル様々楽しみ方もいろいろ。

芋煮|船頭が退屈しのぎに鍋を掛けた…

船頭が退屈しのぎに鍋を掛けた…

 1600年代半ば。山形市の西北に位置する中山町長崎付近が、当時の最上川舟運の終点だった。上方から物資を運んだ舟は、酒田経由で最上川を上りここへ到着する。着いた荷を引取りに人足たちが集まって来るが電話など無い時代、船頭たちは何日も待たされる。退屈しのぎに近くの老松に鍋を掛けての野宴…。船着場の近くには里芋の名産地、小塩部落があり、頼んで売ってもらった里芋と積み荷の棒タラなどを鍋で煮て食べたことが、芋煮のルーツだと伝えられている。
 文化・文政時代には、山形県に移り住んでいた近江商人たちが、ニシンと里芋を煮て紅花取引きの慰労会を行ったとの記録があり、その後、明治に入って街の粋筋たちがこのような楽しみ方を身近な河原へ持ってきたとされる。また山形歩兵32連隊が「芋煮会」と名付けたとの話も残る。

おごらせて、ちゃっかり牛肉を…

 鍋に牛肉を使うのが一般化するのは昭和に入ってから。養蚕農家が繭業者持ちでの芋煮会の際、「どうせなら贅沢に牛肉を!」と、おごらせたのが最初だとか。その後、各地に芋煮会が伝播されていくが、その先々で微妙に具が変化しているのは面白い。土地柄が具材にも現れている。何はともあれ山形県では、新年会・忘年会同様『芋煮会』は必然であり、やらなければ絶対に物足りないもの…でもある。同じ釜の飯ならぬ芋煮鍋をつつくことで、家族や仲間たちと、より絆を深め合う楽しいコミュニケーション手段、それが芋煮会である。

  • 庄内地方

    庄内地方の芋煮鍋
  • 置賜地方

    置賜地方の芋煮鍋
  • 最上地方

    最上地方の芋煮鍋
  • 村山地方

    村山地方の芋煮鍋

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ