メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知るやまがた伝統野菜 > 村山地域:山形赤根ほうれんそう

〜生産者の思いと技を受け継ぎ、山形県の食の豊かさ・食文化の奥深さを物語る〜

やまがた伝統野菜

山形赤根ほうれんそう

付け根が赤く大株、寒さで甘みアップ!

山形市近辺で栽培されている根や葉の付け根が赤いほうれんそう。

軟らかくてあくが少なく甘みがあるのが特徴。

山形市風間の農家が昭和2〜3年頃、栽培した中から選抜。日本在来種(角種)の秋播き品種。耐寒性があり大株(200〜300g/株)となる。

主な産地 山形市、天童市、上山市
収穫時期 10月中旬〜2月下旬
食べ方 おひたし、汁物、炒め物

やまがた伝統野菜「山形赤根ほうれんそう」を使ったレシピ

「黄菊とほうれんそうのお浸し」
【材料(2人分)】
・黄菊 40g
・ほうれんそう 100g
・しょうゆ 大さじ1/2
・だし汁 大さじ1/2
【作り方】
  • (1)菊は花びらを散らし、熱湯に酢を入れさっと茹で、水にとる。
  • (2)ほうれんそうは、色よく熱湯で茹で水にとる。軽くしぼり3cmの長さに切る。
  • (3)菊とほうれんそうは、ざるに入れ、きれいに混ざるように、水の中で合わせる。
  • (4)しょうゆとだし汁を合わせ、だし割りじょうゆを作る。
  • (5)(3)の水気を絞り、(4)のだし割りじょうゆで和える。

▲ページのトップへ