安全・安心ブランドやまがた産地協議会の取組

産地協議会では、安全性水準の高い農産物を生産するため、

  1. 個々の農家では、農薬の使用基準を守り、栽培履歴を記帳する。
  2. 品目ごとに農家が「出荷集団」を構成し、この集団ごとに農薬の適正使用の徹底、出荷前の残留農薬分析を行う。
  3. 農家から生産物を集荷するJA、卸売業者等の「集荷団体」は、標準防除暦の作成、万が一残留農薬の基準値超過等があった場合の危機管理対応など、生産工程全般を管理する。

 といった取組を進めています。
 これらの取組は、県によって安全性水準の高い農産物を生産方法についての規格(生産規格)として定められており、この規格に適合しているかどうかを第三者機関が認証する「やまがた農産物安全・安心取組認証制度」が平成17年度から導入されています。
 この認証制度への取組推進を図っているのが「安全・安心ブランドやまがた産地協議会」です。

やまがた農産物安全・安心取組認証制度を基盤とした生産システム

(注)「表示規格」に基づく農産物の表示については、平成18年度からスタートしています