メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る > ペロリンの山形旬情報《スルメイカ》

ペロリンの山形旬情報

スルメイカ

2016年5月25日掲載

今日の旬な農水産物

庄内浜の《スルメイカ》

イカ釣り漁業は、山形県の基幹漁業。鼠ヶ関・由良・酒田・飛島等をはじめとする庄内浜での水揚は、数量・金額ともに全魚種中トップで、本県自慢の海産物です。

九州沖のあたたかい海で生まれたスルメイカは、日本海を北上しながら成長し、5月頃になると外套長(胴体部分の長さ)12センチほどになり、本県の飛島沖に到達します。初夏に山形県沖を通過するのは、成長途中の若いスルメイカなので、身が柔らかく、美味しいのです。

庄内浜のスルメイカ“一本釣り漁”は5〜7月に最盛期を迎えます。漁は日没と同時に始まり、衛星からも見えるほどまぶしい光を発する集魚灯をつけ、疑似餌針のついた糸を海に降ろし、船に搭載した巨大なローラー“イカ釣り機”でイカを巻き上げます。釣り上げたイカは船上で氷の入った箱に詰めて保管され、徹底した鮮度管理が行われています。

一本釣り漁

旬な時期

庄内浜の「スルメイカ」の旬

九州沖から日本海を北上し、5月〜7月にかけて、庄内沖に群れでやってきます。「夏イカ」とも呼ばれます。

栄養素

「スルメイカ」の栄養素

イカは、コレステロール値を下げ、疲労回復に効果があるといわれるタウリンや、ビタミンB、ビタミンEなどの栄養素を含みます。高タンパク低カロリーで、ヘルシーな食材として知られています。

レシピ

「スルメイカ」のおいしい食べ方

新鮮なものほど甘みがあり、歯ごたえもよく、刺身にすると美味しくいただけます。細く短冊状にした“イカそうめん”、身やゲソ、肝などを丸ごと使った“塩辛”が定番。煮物や天ぷらにしても、歯ごたえ良く味わえます。

☆新鮮なスルメイカを選ぶポイント

  • とれたてのものは、身が透けるほど透明感があり、歯ごたえが良い。
    その後、茶褐色になるが鮮度はよい。
  • 身に弾力があり、色や模様が鮮明でツヤがある。
  • 目が黒く、はっきりと澄んでいる。

スルメイカ

▲ページのトップへ