メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る > ペロリンの山形旬情報《孟宗》

ペロリンの山形旬情報

孟宗

2015年4月25日掲載

今日の旬な農産物

初夏の訪れを告げるタケノコ「孟宗」。

庄内地方に初夏の訪れを告げる郷土料理「孟宗汁」の主役は「孟宗」。代表的なタケノコのひとつで、早春に九州から出始め、徐々に北上。5月の連休明けのころから、孟宗竹が群生する最北端でもある庄内地方で最後の旬を迎えます。

タケノコは収穫してから時間が経てば経つほど、えぐみやアクがきつくなるため、産地から離れた場所ではどうしてもアク抜きが必要になります。 逆に、採れたてはアク抜きせず、普通に下茹でするだけで美味しくいただけます。

レシピ

「孟宗」のおいしい食べ方

〈孟宗汁〉

大きめにカットしたタケノコを煮て、しいたけや油揚げなどを入れ、酒粕と味噌で調味したものです。

●材料
・孟宗筍 1.5kg
・厚揚げ 1枚
・生椎茸 4個
・ねぎ 60g
・豚肉薄切り 200g
・酒粕 100g
・味噌 適量
・だし汁 1500cc
●作り方
  1. 孟宗筍、厚揚げ、豚肉を食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋にダシ汁と孟宗筍を入れて火にかける。
  3. 沸騰したら豚肉、生椎茸、厚揚げの順に加えてさらに煮込む。
  4. 孟宗筍が柔らかくなったら、いったん火を止め、酒粕と味噌を溶きいれる。
  5. ★完成★
アク抜きの仕方

孟宗は皮をつけたまま、米のとぎ汁につけて茹で、アク抜きをします。1〜2時間十分に煮てから鍋に入れて冷まします。孟宗の皮をむき、水にさらしとぎ汁を除き、食べやすい大きさに切って調理します。

▲ページのトップへ