メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る > ペロリンの山形旬情報《まいたけ》

ペロリンの山形旬情報

まいたけ

2013年9月25日掲載

今日の旬な農産物

「まいたけ」について

まいたけはきのこの中でも特に人気があり、味、香り、歯触りの良さが特徴です。天然物はめったに採れないため、見つけると舞を踊りたくなることから「幻のきのこ」とも言われています。

まいたけについて、詳しくはこちらをご覧ください。
【山形のうまいもの:原木まいたけへ  】

産地情報

まいたけの主な産地

鮭川村、最上町、真室川町、米沢市、小国町、鶴岡市など県内各地で栽培され、1年を通じて入手できます。

品種情報

まいたけの種類

栽培まいたけは、黒色品種がほとんどでしたが、近年は白色のものも多く出回っています。

おいしい食べ方

山形の伝統野菜「赤根ほうれんそう」を使った「まいたけ」のレシピを紹介します。

山形赤根ほうれんそうのいなり詰め

●材料(2人分)

山形赤根ほうれんそうのいなり詰め

・山形赤根ほうれんそう 140g
・まいたけ 30g
・油揚げ(小) 20g
・シーチキン 16g
・塩・こしょう 少々
・食用ぎく(黄、紫) 各40g
・えだまめ 小さじ2
・バター 4g
・しょう油 少々
【A】
・りんご(すりおろし) 1個分
・バター 3g
・パプリカ(みじん切り) 1/2個分
・パセリ(みじん切り) 少々
・白ワイン 小さじ2
・塩・こしょう 少々
●作り方
  1. 油揚げを湯通しし、袋状にして両面を焼く。
  2. 山形赤根ほうれんそうはゆでて冷水にさらし、水気を絞り3cmの長さに切る。 食用ぎくは酢(分量外)を入れた熱湯で色よくゆでる。
    まいたけは食べやすい大きさにほぐす。えだまめは色よくゆでて薄皮をとり除く。シーチキンは油分を除く。
  3. フライパンにバターを敷いてまいたけをソテーし、汁気を飛ばしてから山形赤根ほうれんそうを加えていため、塩、こしょうで調味し火からおろして冷ます。
    食用ぎく、えだまめ、シーチキンを混ぜ、塩、こしょう、しょう油で味を調える。油揚げにきっちり詰め、2等分に切り、皿に盛り付ける。
  4. Aをなべに入れ一煮立ちさせソースを作り、(3)のいなり詰めに添える。

▲ページのトップへ