長井市で在来作物を生産・販売している農家のグループ「ひなた村」。その中で有機JAS認定米や特別栽培米をつくっているのが「さわのはな倶楽部」なんだって。山形の伝説の米「さわのはな」、さわのはな系の新しい品種「さちわたし」、また「つや姫」や「ササニシキ」もあって、食べ比べできるペロン。



「ひなた村」のブースには、長井市の花作地区に昔から伝わる、短くて辛い「花作大根(はなづくりだいこん)」とその漬物、希少な山菜の行者にんにくとニラを掛け合わせた「行者菜」、行者菜の加工食品の甘味噌・醤油漬け・ラー油・生味噌が並んでるペロ。これはご飯がすすみそうペロね〜。



「馬のかみしめ」は長井市在来大豆・枝豆で、大豆にしたときに表面に馬の噛んだような模様が見えることからこの名前がついたそう。枝豆のおいしさはもちろんのこと、豆腐や納豆に加工しても味と香りが凝縮されてコクがあって、ん〜まいペロ。特に納豆は超大粒で、食べごたえがあるペロよ。

「ひなた村」の遠藤たつ子さん(左)と遠藤真夕子さんペロ。長井ならではの商品なので、「これ、どうやって食べるの?」と聞かれることも多いとか。「料理の仕方や使い方をわかりやすく説明しながら、お客さまとコミュニケーションするのがとっても楽しいですね」ってニッコリしてたペロ〜。

本文へ戻る