ヤナに打ちつける最上川の流れは、水しぶきがあがってスゴイ迫力ペロ。鮎が川を下ってヤナにかかりやすいのは、雨が降って水かさが増し、気温が低い朝方なんだって。「まだ水温が少し高いので、あと1週間から10日(9月末頃)すると落ち鮎≠フ最盛期」って塚原会長が言ってたペロね〜。

「白鷹鮎まつり」のお手伝いで、ヤナ場の監視をしているそう。「水量がもう少しあれば、鮎が落ちやすいんだけど、今日はまだ足りないな。拾いきれないくらい鮎がヤナにかかるときもあるんだよ」って。鮎は大きいほうが味がいいって教えてくれたペロン。

本文へ戻る