舟形町におばあちゃんの家があるので、今日は寒河江からやって来たというご家族。おそろいのTシャツを着た三姉妹が、とってもかわいいペロね。「娘たちが鮎のつかみどりを楽しみにしているんですよ」ってお母さん。いっぱいつかまえてね〜!

山辺町からやって来たご家族ペロ。お父さんは釣りが好きで、小国川にもよく鮎釣りに来るんだって。小学4年生の妹さんは、去年の「鮎つかみどり大会」で3匹ゲット。「今年は、家族が一人2匹ずつ食べられれるよう8匹つかまえたい!」ってハリキッテいたペロよ。

東京・世田谷の「山崎メンズクラブ」の方たち。2日目に和太鼓の演奏を披露するペロよ。世田谷区の元区長・大場啓二さんは舟形町出身。それが縁で舟形と世田谷の児童交流がはじまり、当時の子どもたちの保護者が「山崎メンズクラブ」の皆さんペロ。もう10年以上、毎年来てくれるそうで、うれしいペロね!

プリプリに身のしまった鮎を炭火で焼いた、黄金色の焼き鮎。もう、頭からまるごとパクリ!ん〜、この味、たまらないペロね〜!僕、「ふながた若鮎まつり」が、こんなに楽しくてにぎやかだって初めて知ったペロ。来年も、きっとまた来るペロ〜ン♪

本文へ戻る