メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形んまいもの探しの旅「ペロリンが行く」 > Vol.28:やまがた米っ粉フェスタ

やまがた米っ粉フェスタ

 もう、みんなは米粉のおいしさを体験したペロか? 米粉はパンに麺、お惣菜にお菓子と大活躍、いま大人気ペロね〜。お米好きの僕は、もちろん山形の米粉を使ったんまいものもだ〜い好き♪
 そんな僕が今回、ワクワクしながらやってきたのは「やまがた米っ粉フェスタ」。米粉のお祭りペロよ〜♪ 米粉についての楽しいトークショーあり、米粉料理のデモンストレーションあり、そして僕のお目当ての試食交流会ありと、食いしん坊の僕にはたまらないイベントペロ〜ン♪ ほ〜ら、会場のパレスグランデールには、たくさんの人が集まってるペロよ。ん〜、僕のお腹もグーグーなってるペロよ。さあ、いよいよ食べる、じゃなくて、はじまるペロ〜♪

2012.2.15取材 取材地:山形市

山形産の米粉を使った「んまいもの」のお祭りだペロ〜!

 「やまがた米っ粉フェスタ」は、米粉の魅力や可能性を多くの人に知ってもらい、多彩な米粉食品を楽しんでもらって、県産米粉の利用拡大を図ろうというイベントなんだペロ。この日、2月15日(水)に山形市のパレスグランデールで開かれたフェスタには、山形の米粉利用と消費拡大に取り組む事業者や一般参加者、約200名の方が参加したペロね!

 イベントの第1部は、主催者を代表して山形県農林水産部・菅野滋部長の挨拶にはじまり、「やまがた米粉食品コンクール」の表彰式、料理研究家の小川聖子先生と「アル・ケッチャーノ」オーナーシェフで「やまがた米っ粉クラブ」推進リーダーの奥田政行シェフのトークショー、小川先生の米粉料理クッキングデモンストレーションと盛りだくさんペロ〜。

  そして第2部の試食交流会会場には、山形県産の米粉を使ったん〜まい米粉食品が大集合!さすが、米どころ山形、いろんな工夫をこらした米粉食品がい〜っぱいで何から食べようか、と〜っても楽しみペロ〜ン♪

おめでとう!やまがた米粉食品コンクール」入賞食品だペロ!

 今年で3回目となる「やまがた米粉食品コンクール」には、県内の食品製造業者、農産加工事業者、飲食店など44事業所から57点の米粉食品が出品されたペロね。2月3日に山形市の霞城セントラルで審査が行われて、その結果、最優秀賞1点、おいしい山形賞1点、優秀賞8点が選ばれたペロよ〜。この日は、コンクールの表彰式も行われたペロ。受賞者の皆さん、おめでとうペロ〜♪

【最優秀賞】(山形県知事賞)
手軽に飲むだけ玄米食:吉田製粉株式会社(長井市)
【おいしい山形賞】(おいしい山形推進機構会長賞)
米粉シフォンケーキ:まっ直ぐ屋(川西町)
【最優秀賞】(パン・惣菜・麺等部門)
ホテルの味噌パン:株式会社山形グランドホテル(山形市)
つやひ麺:有限会社すがわら製麺(鶴岡市)
たこ米(べい):株式会社ヤマゲンフーズ(新庄市)
つや姫パスタ:三和油脂株式会社(天童市)
【最優秀賞】(菓子部門)
お山の形のサブレ:ケーキハウス チュチュ(山形市)
つや姫ラスク〔しみチョコ〕:菓子工房ふくや(鶴岡市
NANJO da BE なんじょだべ:菓匠萬菊屋(南陽市)
マドローム★紅ダリ:山形県立置賜農業高等学校 紅大豆本舗(川西町)

トークショー「広がる米粉のメニュー、ご家庭から、厨房から!」

 トークショーのゲストは、「キューピー3分クッキング」で人気の料理研究家・小川聖子先生と「アル・ケッチャーノ」オーナーシェフで「やまがた米っ粉クラブ」推進リーダーの奥田政行シェフのお二人ペロね。
小川先生によると、米粉は油の吸収率が低くて、揚げ物の衣で比べてみると、小麦粉は65%で米粉は45%。米粉を使うと料理のカロリーが抑えられるから、とってもヘルシーなんだって!

 奥田シェフも、「米粉のパスタは世界でも注目されている。麺やパンのほかにも、いろいろな可能性を秘めています」と米粉を絶賛ペロ。参加した皆さんも、お二人の楽しいトークを熱心に聞いていたペロね〜!

小川先生の「簡単、おいしい、ヘルシー!米粉クッキング」

 いよいよ次は、手軽でおいしい家庭料理レシピで評判の小川先生が、実際にステージで、米粉の料理を作りながらポイントを教えてくれるクッキングデモンストレーションだペロ〜。「今日は、どこの家庭の食卓にものぼるような身近な料理を、米粉を使って作ってみましょう」と小川先生。どの料理も失敗なく、簡単においしく作れるそうで、うれしいペロ〜♪

「米粉のグラタン」

 まず、最初は「米粉のグラタン」。ホワイトソースを使ったマカロニグラタンを作るペロね。普通、ホワイトソースを作るときは小麦粉をふってから牛乳を加えるけど、米粉は粒子が細かくて、粘り成分のグルテンが入っていないから、米粉をふらなくてもいいんだって!しかも米粉はダマにならないし、焦がすこともない!これなら僕も作れそうペロ〜ン♪

「米粉のから揚げ」

 次のメニューは、衣に米粉を使う「米粉のから揚げ」ペロね。小川先生は「下味をつけた鶏肉の水分をよく拭き取ってから、米粉を薄くつけるのがコツ」と教えてくれたペロよ♪米粉は油と相性がよくてカラッと揚がるから、外の衣はサクサクで中のお肉はジューシーな香ばしいから揚げになるんだって。それに、しばらくおいても米粉の衣はベタベタしないから、冷めてもおいしくてお弁当にもぴったりペロ。よ〜し、僕も春になったら「米粉のから揚げ」を持って、ピクニックに行くペロ〜♪

「米粉のチヂミ」

 そして、最後は「米粉のチヂミ」。韓国風のお好み焼きペロね〜! 米粉を使った生地を焼くときは、「少し油を多めに、小麦粉の生地よりも少し時間を長めに、薄く焼いて」と小川先生。そうすると外側のパリパリ感と、中のもちもち感が絶妙の「米粉のチヂミ」ができるそうペロよ♪あ〜、おいしそうな焼き色になって、いいにおいがしてきたペロ〜!

 どれも米粉が大活躍のメニューばかりで、しかもおいしそう&簡単!さっそく今晩おうちで試したくなるペロ〜ン♪ 会場の皆さんも、小川先生のお話をしっかりメモしながら、「なるほど〜」って見ていたペロね。米粉ならではの味わいと食感を、みんなにも楽しんでほしいペロよ〜♪

試食交流会で米粉の新しい食べ方に出会って大満足ペロ〜!

 さあ、待ちに待った米粉食品の試食交流会ペロロ〜ン♪ 会場には「やまがた米粉食品コンクール」の入賞食品をはじめ、県内各地の44事業所から集まった62点もの米粉食品がズラリと並んでいるペロよ。パスタにうどん、コロッケに肉まん、ラスクにクッキー、ケーキにマドレーヌ………う〜ん、みんなん〜まそうで、どれから食べようか迷っちゃうペロね〜。

 それにしても、会場はすごい熱気だペロ〜♪ 参加した皆さんも僕と同じで、んまいものには目がないペロね。「おいしい!」って食べながら、出展者の方に「どうやって作るの?」「どこで売ってるの?」って聞いたり、あちこちで話が弾んでいるペロ。よ〜し、僕も、みんなに負けずに食べるペロ〜!

手軽に飲むだけ玄米食:吉田製粉株式会社(長井市)

 最初はやっぱり、最優秀賞に選ばれた「吉田製粉株式会社」さんの「手軽に飲むだけ玄米食」のブースに行くペロね〜。この食品は、山形県産の特別栽培米100%の玄米粉なんだけど、温めた牛乳やお茶に溶くだけでOK!手軽に玄米の栄養がとれるペロよ〜♪

 どれどれ、僕も「手軽に飲むだけ玄米食」を入れたホットミルクをゴックン。う〜ん、ココアみたいに優しくまろやかな味で、ちょっと香ばしくて、んまいペロ〜!スープや味噌汁に入れると風味が引き立って、手軽な食事にもなるんだって。なるほど〜、ほかにも、いろいろ楽しめそうペロね!

 ところで、みんなは「特別栽培米」ってどんなお米か、知ってる? 通常のお米に比べて、農薬と化学肥料の使用量が半分のお米なんだペロ〜。その特別栽培米の玄米粉だもの、ん〜まいはずペロ〜ン!

米粉シフォンケーキ:まっ直ぐ屋(川西町)

 さあ、つぎは「まっ直ぐ屋」さんの「米粉シフォンケーキ」ペロよ。減農薬栽培した自家産米「はえぬき」の米粉のシフォン生地に、地元産のりんご「紅玉」をすりおろして、たっぷり混ぜ込んで焼き上げたシフォンケーキなんだペロ。一つひとつ手作りなんだって!

 さっそく、いただきま〜すペロ〜ン♪ うわあ、ふわふわのケーキなのに、食べるとしっとりペロね。この、もっちもちの食感、一度食べたらヤミツキになりそうペロよ〜。そのまま食べてもおいしいし、生クリームやジャムをつけて食べると、ますますペロペロペロだペロ〜!手作りならではの優しい味わいだから、小さい子どもからお年寄りまで、誰にでも食べやすくて、きっと僕とおんなじ人気者ペロね〜♪

ホテルの味噌パン:株式会社山形グランドホテル(山形市)

 「ホテルの味噌パン」は、「株式会社山形グランドホテル」さんがパン酵母と米粉を使って、昔懐かしい「ゆべし」風に仕上げた味噌パンなんだペロ。

 コンクールでは、パンにお米と味噌という日本古来の食材を組み合わせたアイデアと、米粉パンの製造技術とを融合して、おいしい味噌パンを作ったことが高く評価されて、優秀賞に選ばれたんだペロ〜! 残念ながら今回のフェスタでは試食できなかったけど、いつか食べてみたいペロね〜!

つやひ麺:有限会社すがわら製麺(鶴岡市)

 アレッ?「つや姫」?と思ってよく見たら、「有限会社すがわら製麺」さんの「つやひ麺」だったペロ! 山形県産「つや姫」の米粉を3割配合したうどんで、小麦粉だけの麺とは違う、ツルッとした食感にこだわって開発した米粉入り麺なんだってペロ〜ン♪

 この「つやひ麺」は、「つや姫」の米粉を使っているだけあって、ゆであがりもとっても「つや」があり、ふんわりとお米の香りもするペロね。食べると、つるつる感ともちもち感があって、麺らしいコシも味わえるし、うどんも大好きな僕には、たまらないペロね〜♪

 社長の菅原成規さんにお話を聞いたら、米粉入りの麺はゆで伸びしやすい欠点があったけれど、独自の製法で、伸びにくい、つやつやした麺に仕上げることができたんだって。すばらしいペロね〜!

たこ米(べい):株式会社ヤマゲンフーズ(新庄市)

 ペロロン!普通の大きさの2倍はありそうな、ビッグなたこ焼き発見!この食べ応えたっぷりなたこ焼き「たこ米(べい)」は「株式会社ヤマゲンフーズ」さんが作ったペロよ〜。山形県産「ひとめぼれ」の米粉を使った、山形のお米のおいしさにこだわった惣菜で、ネーミングもおもしろいペロね。

 ではさっそく、いただきペロロ〜ン♪ う〜ん、こんがり香ばしくて、もちもちした米粉の皮の中に、マヨネーズと塩味のついたタコ・キャベツ・ネギの具がぎっしり詰まっていて、ボリューム満点ペロ〜♪ 

 この「たこ米」は、ちょっとした食事にも、おやつにも、お父さんのお酒のおつまみにもピッタリで、家族みんなで食べられるペロね〜♪

つや姫パスタ:三和油脂株式会社(天童市)

 「三和油脂株式会社」さんが開発した「つや姫パスタ」は、山形自慢のお米「つや姫」の米粉と米ぬかを小麦粉にブレンド、さらに川西町特産の紅大豆を加えたパスタなんだペロ〜!

 どれどれ…、んん〜、もっちりしていて歯ごたえがあって、しかも、すっきりした味わいペロよ。それに、紅大豆が入っているから、味と彩りに深みが増しているペロね〜。洋風でも和風でも楽しめそうペロ〜ン♪

 コンクールで優秀賞に選ばれたのは、パスタとしてのおいしさはもちろん、米ぬかまで上手に米粉原料を使っていること、ゆで時間が短くて手軽に調理できることも評価されたんだって!なるほど〜、納得ペロね〜♪

お山の形のサブレ:ケーキハウス チュチュ(山形市)

 あっ、僕とおんなじ三角形をした、小さくてカワイイお菓子があるペロ。え〜と、なになに、山形県をイメージした形のサブレで「ケーキハウス チュチュ」さんの「お山の形のサブレ」ペロか〜♪ 形もかわいさも僕といっしょペロね。まるで僕の仲間がいっぱい増えたみたいで、うれしいペロロ〜ン♪

 このペロリンサブレ、じゃなくて「お山の形のサブレ」は小麦粉を一切使わず、山形県産「つや姫」の米粉のおいしさを際立たせるために、じっくり煎って作ったんだって。んん〜、食べるのが楽しみペロよ。では、ひと粒ペロン…。お口に入れると、ほろっとした食感で、サックサク!香ばしくて、ほんのり塩気が味のアクセントになっていて、ん〜まいペロ〜♪

つや姫ラスク〔しみチョコ〕:菓子工房ふくや(鶴岡市)

 サブレのお隣は、「菓子工房ふくや」さんの「つや姫ラスク」〔しみチョコ〕ペロね。小麦粉を使わず、「つや姫」の米粉の生地で作ったラスクに、チョコレートをしみこませたお菓子ペロ〜!

 こっちの白いほうはホワイトチョコレート、茶色のほうはミルクチョコレートペロよ。どっちから先に食べようか、迷うペロ〜!まず、ホワイトチョコレートからパクッ!フレークのようなサクサクした食感にチョコがとろっと溶けこんで、新鮮な味わいペロね〜。もう、何枚でも食べられそうペロ〜ン♪

NANJO da BE なんじょだべ:菓匠萬菊屋(南陽市)

「なんじょだべ」って、なんだべ? 僕がつぎに見つけたのは、「菓匠萬菊屋」さんの 「NANJO da BE なんじょだべ」ペロよ。

 このお菓子は、おいしいと評判で発売10年になるロングセラー商品を、材料の配合に米粉をプラスすることで、さらに軽い食感にリニューアルしたんだって!もともと東北を代表する「みやこがね」という餅米で作っていた最中の皮に、山形の「はえぬき」の米粉を入れたペロね。

 口当たりのよさも、米粉ならではペロ。和洋折衷の新しい食感がおもしろい、これは「洋」最中ペロね〜♪

マドローム★紅ダリ:山形県立置賜農業高等学校 紅大豆本舗(川西町)

 山形は、高校生パワーもすごいペロよ!「山形県立置賜農業高等学校 紅大豆本舗」の生徒さん達は、授業の一環として地域の特産品を活かした商品開発に取り組んできたんだって。そして、川西町内の就労支援施設と共同で開発した商品がこの「マドローム★紅ダリ」ペロよ〜!山形県産「はえぬき」の米粉に、川西町特産の紅大豆のおからと甘煮を加えて、町花のダリアの形に焼き上げた、米粉のマドレーヌペロ〜ン♪

 味にも見た目にも、地元の魅力があふれてるペロね〜。「ふるさとが大好き!手作りスイーツで町を応援しよう!」っていう生徒さん達の気持ちがドーンと伝わってくるペロよ♪

 ふ〜〜〜、会場の米粉食品、ぜ〜んぶの種類食べたペロ〜! もう、お腹いっぱいで動けないペロロ〜ン。あれもこれもどれも、み〜んなんまくて大満足ペロね。
 中には、「これも米粉で作ったの!?」ってびっくりするような食品もあったペロよ〜。きっと、これからも米粉の新しい食べ方がどんどん増えるペロね!

 よ〜し、僕も山形の米粉を使ったんまいもの、もっともっと探すペ〜ロリン♪

試食交流会の会場

試食交流会の会場には、米粉を使ったん〜まいものが勢揃いで、僕を待ってるペロ。Let's goペロね〜!

手軽に飲むだけ玄米食

「吉田製粉」さんの「手軽に飲むだけ玄米食」は牛乳と相性バツグンペロね♪[1袋200g入り350円(税込)]米粉シフォンケーキ

「まっ直ぐ屋」さんの大きな「米粉シフォンケーキ」。[17センチホール1個1,000円(税込)]

つやひ麺

「つやひ麺」は、「すがわら製麺」さんが作った新商品で、「つや姫」の米粉入りのうどんペロ。

たこ米(べい)

ネーミングもユニークな「ヤマゲンフーズ」さんの「たこ米(べい)」は、ボリューム満点ペロね〜。

つや姫パスタ

「三和油脂」さんの「つや姫パスタ」は、洋風でも和風でも楽しめるから、メニューの幅が広がりそうペロ。

お山の形のサブレ

「ケーキハウス チュチュ」さんの「お山の形のサブレ」。[1袋10粒入り450円(税込)]

つや姫ラスク〔しみチョコ〕

「菓子工房ふくや」さんの「つや姫ラスク」〔しみチョコ〕。[1袋6枚入り100円(税込)]

NANJO da BE なんじょだべ

「菓匠萬菊屋」さんの「NANJO da BE なんじょだべ」。[1袋5枚入り550円(税込)]

マドローム★紅ダリ

高校生のお菓子屋「紅大豆本舗」さんの「マドローム★紅ダリ」。[1個150円(税込)]

米粉のヌードル

「KOMFORTA」(コンフォルタ)」さんの「米粉のヌードル」はお店の人気メニューペロ。[500円(税込)]

赤茎ほうれんそう入り米粉揚げパスタ」

ピリ辛あんかけがやみつきになりそうな「株式会社県庁食堂」さんの「赤茎ほうれんそう入り米粉揚げパスタ」。[500円(税込)]

▲ページのトップへ