メニュー

おいしい山形キーワード検索

ホーム知る山形んまいもの探しの旅「ペロリンが行く」 > Vol.19:やまがたふるさと食品コンクール編

食品コンクール

 収穫の秋をまじかにした9月3日、霞城セントラルを会場に、平成21年度「やまがたふるさと食品コンクール」が行われたペロ。
 このコンクールは県内の農林水産物を主な原料にして、山形の新しい"んまいもの"を生み出して、日本全国に山形のんまいものをもっともっと知ってもらおうという目的なんだペロ。
 そうとあっては、おいしい山形大使の僕としては、味見で参加しないわけにはいかないペロね〜♪待っててねぇ〜、山形の新しい"んまいもの"たち〜♪

2009.9.3・9.19取材 取材地:山形市

山形の食材がおいしくなって、コンークルに出展ペロ!!

 「やまがたふるさと食品コンクール」は、やまがた食産業クラスター協議会が主催し、県が共催するコンクールで、今年で3回目なんだって。『調理・惣菜部門』と『菓子・飲料部門』の2部門で募集が行われ、調理・惣菜加工部門に18社31点、菓子・飲料部門には22社26点もの加工食品が応募されたペロね。

 まず僕は、9月3日の審査会に味見で参加したペロよ♪審査は霞城セントラル内2ヵ所を会場に、学識経験者、専門家、流通・販売業者7名の方が厳しい基準をもとに審査、各部門毎に上位4食品を優秀賞として選び、更にその中から最優秀賞1点を選ぶんだって。

《コンクール審査基準》

  • 原料調達等の面で地域の発展・活性化に功績があるもの
  • 先端的技術等の使用により地域農林水産業の生産等に大きな影響を与えているもの
  • 優れた新技術により開発されたもの
  • 商品開発後、当該商品の販売量・販売額が伸びているもの
  • 原料の加工利用法、開発商品の商品特性等が特に優れているもの
  • 表示・価格の適正なもの及び包装、包装デザイン等の優れているもの

 ペペロ〜ン、なかなか厳しい審査基準ペロね〜。でもこのコンクールで山形の新しいんまいものとして選ばれれば、入賞特典として、次のような販路開拓のための支援をしてもらえるとあって、出展者も真剣そのものペロよ、ん〜、味見で参加の僕まで緊張ペロ〜ン(汗)

《コンクール入賞特典》

■最優秀賞
おいしい山形・食材王国みやぎビジネス商談会への無料出展、入賞商品PRちらしへの掲載及び県関係機関等への配布、おいしい山形大使へのプレゼント提供への 助成、各種メディアでのPR
■優秀賞
入賞賞品PRちらしへの掲載及び県関係機関等への配布、各種メディアでのPR

 よ〜し!審査員と一緒に僕も出展食品をチェックだペロね、ん〜っ、どれもとってもおいしそうペロ〜ン。早く食べたいペロペロ〜ン♪って、おや?よく見ると出展商品のほとんどに僕のマークがついているペロ。やっぱり山形のんまいものには僕がついてるペロね〜、エッヘンペロロ〜ン♪♪

審査風景
調理・惣菜加工審査風景。緊張感が漂うペロ〜!

アイス
どれもおいしくて僕には審査はできないペロ〜!

アイス
こちらが菓子・飲料部門ペロ。

アイス

早く審査して、豆乳アイスがとけちゃうペロ〜!

「やまがた旬恵祭」で審査結果発表!
試食もあるペロ〜♪

 コンクールの審査結果の発表と表彰式は、9月19日・20日に、山形駅西口広場で開催された『食の秋まつり「やまがた旬恵祭(しゅんけいさい)」』で行われたペロね。この旬恵祭って、「産直フェア・食の祭典」「食育フェア」など、山形の「食と農」に関するんまいものや楽しいイベントがい〜っぱいの、収穫の秋に感謝するお祭りなんだペロ。んまい&お祭りって、まるで僕のためにあるようなイベントだペロロ〜ン♪よ〜し、食べまくるペロよ〜!ペロ?んね、んね、まずはコンクールの表彰式に行くペロね。

 オープニングセレモニーに続き、旬恵祭ステージには、プレゼンテーターとして、吉村山形県知事とやまがたクラスター協議会の鈴木会長、そして、コンクール受賞者が勢揃い。さあ、いよいよ発表の瞬間ペロ、ん〜やっぱりドキドキするペロね。
 パンパカパ〜ン、ペロ〜ン♪!ついにコンクール出展食品57点の中から選ばれた8点、優秀賞と最優秀賞が発表されたペロ〜!

《最優秀賞》

■菓子・飲料部門
『漆野いんげん豆』(新庄市:有限会社佐藤製餡所)

《優秀賞》

■調理・総菜加工部門
『秘伝大豆のゆば入りとうふ』(寒河江市:株式会社住吉屋食品)
『秘伝生枝豆納豆』(寒河江市:サガエ納豆食品)
『幸せの黄色いさくらんぼ』(東根市:有限会社壽屋漬物道場)
『うこぎドレッシング』(高畠町:株式会社たかはたファーム)
■菓子・飲料部門
『紅果抄』(上山市:株式会社杵屋本店)
『エイスケタルト(プチタルト)』(東根市:有限会社佐藤錦)
『米粉ロールだだちゃ豆』(鶴岡市:出羽菓子処みのりや 有限会社達商)

 発表に続き、吉村山形県知事、やまがた食産業クラスター協議会の鈴木会長から賞状が贈られたペロ。みなさんおめでとうペロ〜!! 
 最優秀賞に輝いた「漆野いんげん豆」と地域産業資源活用事業で開発された「幸せの黄色いさくらんぼ」は、全国規模で行われている「優良ふるさと食品中央コンクール」に推薦されるペロ。山形の新しいんまいものとして、全国のんまいものと勝負するペロよ〜!僕も力い〜っぱい応援するペロ〜!

 そして表彰式の後は・・・、ジャジャコジャ〜ンペロ〜ン♪待ちに待った試食タイムペロね〜!入賞食品から好きな物を選んで食べられるとあって、みんなどれにしようか迷いながらも、と〜っても楽しそうペロね。

 今回、優秀賞、最優秀賞に輝いたんまいものは、それぞれのお店でも販売されているから、みんなもぜひ食べてけろペロね〜。おっと僕も試食、試食、さ〜てどれを食べようかな〜、ん〜やっぱり迷うペロ〜ン♪

「漆野いんげん豆」、
栄えある最優秀賞食品を試食したペロ♪

 う〜ん、やっぱり、最優秀賞の「漆野いんげん豆」が気になるペロ。よ〜し、試食の前に賞状を受け取った「漆野いんげん豆」生産者の荒木さんにインタビューするペロね。荒木さん、僕ペロリンで〜す、よろしくお願いしますペロ〜ン♪荒木さんは優しく微笑みながら僕に「漆野いんげん豆」の事をいろいろと教えてくれたペロよ〜。

 そもそもこの「漆野いんげん豆」は、金山町漆野地区で、種を絶やさないように大切に育てられてきた伝承野菜なんだって。しかも金山町だけでしか栽培されていない、とっても稀少ないんげん豆なんだって。だから「漆野」って付いてるペロね〜。なるほど、だから今回の商品の名前も、大事に育ててきた「漆野いんげん豆」をそのままネーミングしたんだペロね〜。

 「こんなすばらしい所にお招きいただいて、いんげん豆を作り続けてきてよかったです。」とうれしそうに語ってくれた荒木さん。この商品には佐藤製餡所さんと漆野地区の生産者の皆さんの熱い思いがい〜っぱい詰まっているんだペロね〜♪

 「倒れないように、葉の枯れているところはとりのぞいて育てています。」と荒木さん。こんな荒木さん達の日頃のたゆまぬ努力が賞に結びついたんだねペロ〜ン。

 それではいよいよ僕も、荒木さんたちが大切に育てた「漆野いんげん豆」を食べるペロ〜ン♪いっただきま〜す!・・・んん〜ん、これは初めての食感ペロ〜♪☆♪さやが豆をやさしく包み、さやごと食べられ、豆もふんわりとさわやかな甘さ。まるでお口の中はキラキラと畑の宝石でい〜っぱいペロ〜!いつもは捨てているさやまでおいしく食べらるなんて、う〜ん、し・あ・わ・せ・ペロ〜ン♪♪

 よ〜し、ぼくも荒木さんや生産者の皆さんのお役に立てるよう、おいしい山形大使として、一生懸命PRするペ〜ロリン!

▲ページのトップへ