ホームおいしい山形コーナー >県産農畜産物を「なでしこジャパン」にプレゼント!!

平成23年9月8日掲載

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

8月25日、おいしい山形推進機構では、9月1日から始まるロンドン五輪アジア最終予選に向け岡山県で合宿を行っていた女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督(尾花沢市出身)を訪ね、山形県産農畜産物を贈り、激励しました。
 贈呈された品目は、県産牛肉10kg、県産もも(あかつき)10kg、県産漬物セットで、当日山形県大阪事務所の島貫所長が持参した県産ももを笑顔で受け取った佐々木監督は、「なでしこの選手達と一緒に味わいたい」と述べながらアジア最終予選での更なる活躍を誓いました。
 佐々木監督は、サッカー女子W杯優勝の功績により、7月29日、吉村知事より山形県スポーツ大賞を授与されています。

佐々木監督