ホームおいしい山形コーナー >「庄内浜の魚」の消費拡大に向けたトップセールスを行いました

平成22年11月24日掲載

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

11月11日(木)、内陸地方における「庄内浜の魚」の消費拡大を図り、地産地消を推進するため、吉村知事は山形市公設地方卸売市場でトップセールスを行いました。
 鮮魚の競りに先立ち、吉村知事(おいしい山形推進機構会長)は、会場に集まった市場関係者に「内陸の消費者に新鮮でおいしい庄内浜の魚をどんどん紹介していただき、より多くの県民の方に地元庄内浜の魚を届けてください。」と呼びかけました。
トップセールスにあわせて、競り場では、紅エビ(アマエビ)やサワラの刺身、イカめしなどの試食会も催されました。