ホームおいしい山形コーナー > 三川町で県内初、町内の全学校につや姫を提供します

平成21年10月30日掲載

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

三川町では県期待の新品種米「つや姫」を1日限定で町内の全小中学校、保育園・幼稚園の給食に提供します。


◆つや姫を献立に出す日

日程 学校名
11月2日(月)※ 三川町立みかわ保育園・幼稚園
11月12日(木) 三川町立押切小学校
11月19日(木) 三川町立横山小学校、三川町立東郷小学校、三川町立三川中学校

※みかわ保育園・幼稚園はおやつの時間

保育園・幼稚園を除いた小中学校では、上記日程が月に1度行われている“ふるさと給食”の日となっており、郷土料理や地場産の食材を多く使用した献立が出されます。

ふるさと給食のメニュー:
 ごはん(つや姫)、秋刀魚の蒲焼き、さといも団子汁、菜の花のサラダ、牛乳

なお、つや姫は三川地域有機農業推進協議会から寄せられたものであり、生産者が県内で数名のみという希少な有機栽培米です。

同時に押切小学校では給食の食材提供者である生産者を集めた交流給食会を開催し、こどもたちに食育や地産地消を学ばせる機会とさせます。
【日時】11月12日(木) 
【場所】三川町立押切小学校 ランチルーム 
【内容】1年生〜6年生までの全ての児童が1つのランチルームに集まり、つや姫をはじめとした食材の生産者と一緒に給食を楽しみます。

<お問合せ先>
  三川町役場農政課
  TEL.0235-35-7017