ホームおいしい山形コーナー >ペロリン「おいしい山形大使」に就任。交付式に着ぐるみ初登場! 初仕事は、酒田市・泉小学校の皆さんに山形の魅力をピーアール

平成21年6月1日掲載

※1年以上経過しているので情報が古い可能性があります。

ペロリン、吉村県知事から「おいしい山形大使」に任命される!

5月28日、「おいしい山形推進機構」のマスコット「ペロリン」が、「おいしい山形大使」の委嘱を受けました。同日県庁にて、同機構の会長である吉村美栄子県知事から委嘱状が渡されました。この日ペロリンは、初の着ぐるみ姿で知事室に登場し、就任と着ぐるみ披露を兼ねての交付式となりました。
 ペロリンは、平成13年に山形県農産物統一シンボルマークとして制定されました。微妙な曲線の山の形(▲)が山形県をストレートにイメージでき、左右いっぱいに広がった口が本県を縦断する最上川を連想させます。愛称は公募で、応募総数6,202通から金山町の小学生他の考案した「ペロリン」に決定しました。
 「おいしい山形大使」は、県産品をはじめとする山形の魅力を全国の消費者に伝えるため、おいしい山形推進機構会長が委託し、ピーアールイベントなどに参加、山形の魅力を発信していきます。「おいしい山形大使」には、これまでもダニエル・カールさん、ウド鈴木さんなど4名の方が委嘱を受け活動中です。

知事室入口

▲交付式が行われる知事室入口には、県内プロスポーツ人気のマスコットが陳列されています。

ペロリン入場

▲交付式に姿を現したのは、この日が初披露の着ぐるみペロリンです。たくさんの取材陣を前に緊張気味のペロリン。

ペロリンと吉村知事

▲「山形の食の魅力を、広く伝えて下さいます様お願いします」と、吉村知事からペロリンに期待を込めた「おいしい大使」の委嘱状が手渡されました。

ペロリンと吉村知事

▲県産農産物を前に、ペロリンから「県内はじめ全国を飛び回って、おいしい食べ物をはじめとする山形の魅力をピーアールするペロ〜!」と、決意表明がおこなわれました。

着ぐるみペロリン初仕事!酒田市泉小の皆さんにピーアール!

交付式の後、着ぐるみペロリンが早速初仕事をこなしました。県庁見学に訪れた酒田市泉小学校6年生83名の皆さんに、着ぐるみ姿が紹介されました。県庁1階ロビーで待つ泉小の児童の前にペロリンが登場すると、その愛らしい姿に「かわいい!」「大きい!」「ペロリン最高〜」と歓声がおこり、大人気でした。
 おいしい山形推進機構・斉藤主事から「着ぐるみのペロリンが登場するのは今日が初めてです。ペロリンは、コマーシャルや牛乳のマークで見た事があると思います。着ぐるみペロリンもこれからどうぞよろしくお願いします!」と紹介されました。

ペロリン

▲着ぐるみペロリンは、身長182センチ、横幅190センチという大きなサイズです。県庁内の通路も狭く見えます。

酒田市泉小学校の生徒とペロリン

▲大きな拍手で迎えられたペロリン。みんな初めて見る着ぐるみペロリンに、興味津々の様子で紹介に聞き入りました。

酒田市泉小学校の生徒とペロリン

▲ペロリンから泉小の皆さんに「ペロリンストラップ」がプレゼントされ、代表の児童が受け取りました。

酒田市泉小学校の生徒とペロリン

▲「ペロリンは触ってみるとふわふわしてます。皆さんもペロリンに触れてみて下さい」というお話が出ると、みんな待ちかねた様子で、うれしそうな表情を浮かべました。

酒田市泉小学校の生徒とペロリン

▲「ペロリ〜ン!」と大きな歓声を上げながら、一斉に駆け寄りペロリンとの初タッチを楽しむ泉小の皆さん。

酒田市泉小学校の生徒

▲「これからもこのふんわりキャラで頑張って」(右)、「山みたい。頑張って!」(左)
着ぐるみペロリンの感想とエールを送ってくれました。

酒田市泉小学校の生徒

▲「ペロリン、ぷにゅぷにゅして気持ち良かった!」、「風船みたいな感触。ふわふわだった。もっと世界の人にも知ってもらいたい!」

酒田市泉小学校の生徒

▲「今日はペロリンに会えてとっても楽しいです。マークは見た事がありました。全国のみんなに山形のおいしい物をたくさん教えてあげて欲しいです」

酒田市泉小学校の生徒

▲「かわいい〜。ペロリンはテレビとかで見た事があります。これからも頑張って山形をピーアールして下さい!」

酒田市泉小学校の生徒

▲「牛乳パックでよく見ました。ペロリンはいつか人気者になると思ってました。みんなペロリンの活躍を応援しています!」、ペロリンに大声援を送ってくれた泉小の皆さん。